Gardenがーでん

アロマ、ハーブ香りのお話 うつ闘病日記など、どんどんアウトプットしていきますよ!

さいならおっちゃん! 向かいの〇〇荘 解体の話

調子わりいいいいいいい!

向かいの建物の解体が、かなり精神にキてる。

どがらがしゃー!ばりん!べりん!

私の寝ている部屋もぶるんぶるん揺れる。

 

向かいと言っても、正直その建物とは結構くっついていて

1メートルくらいの幅なのだ。

 

壊した所からなぜか被いを取っているので、

今玄関開けると

ほこりぶわー!

喘息でるわ!!

そして今までは建物で遮ってくれていた西日が

ぴかー!!

エアコンのない台所が更に灼熱!

ああ。

健康で仕事に出ていたら、

「まあこんなに壊れたのね。おほほほ」

なんて仕事帰りにみていた事だろう……

 

にしても、今時まだあるんやなあ的な古~い建物やった。

腐った木のにおいが充満している。

20年ほどここに住んでいるが、その建物〇〇荘の住人の顔を認識したことがない。

 

しかし、うちの玄関と〇〇荘の部屋の窓が向かい合わせという事もあり

住人の人の影をみたり、声を聞いたりはしていた。

 

女性の声は滅多に聞こえない。一人暮らしの男性が一部屋ずつ使っているようであった。

何年も前に聞いた話では、某新聞屋の配達員さんが住んでいると聞いた。

 

毎朝、向かいから聞こえる

「おえっ!かああー!ぺっ!」

の声。

きたねーなんて思っていたら、いつの間にか自分も時々

「おえっ」なんて言うようになってしまった。ww

 

そして時折、向かいの2部屋向こうくらいから聞こえる

酔っ払って大声でくだをまく、おっちゃんの声。

何を言ってるのか解読できた事は1度もない。

昔は女の人がなだめる声もしていたが、

最近は独り言になっていたように思う。

 

f:id:majoranaair:20170828114913p:plain

 

私が新聞を取らなくなって何年たったのかしらん。

どんどん勧誘にくるので、重なったりしてもキャンセルできなかったり、

激務で家にあまりいないので新聞を読む暇などなくなったりで

スパッと止めた。

 

そんな人も増えていたんだろうな。だんだんお向かいの声が少なく、

小さくなってきていたようにも感じる。

 

異変はある日突然やってきた。

玄関を開けると向かいの、「おえっ!」のおっちゃんの部屋の窓が全開になっていた。

え?

こちらに気を遣ってか、窓が全開になっていることは1度も見たことがなかったので

驚きました。

 

覗いてみると、6畳1間くらいの部屋の中が見えた。

押入れが開けっ放しになっていて、

下の段に何か黒い布の塊のような物がありましたが

 それ以外は何にもなかった。

 

その窓は土砂降りが振ろうがなんだろうがずっと開けっ放し。

正直、孤独死でもしてはったんかと思った。

だから開けっ放し?

黒い布の塊は気になったが、何故だか気持ち悪い感じはなかった。

 

気がつくとその隣、その隣も順に窓が開けっ放しになった。

 

ああもうみんな出て行ったんだなあ。

 

ポストに大家さんからお知らせの紙が入っていた。

 

裏〇〇荘の取り壊し工事が入るとのこと

 

おっちゃんたち、どこ行ったんやろ。

もっとよい部屋にいけたんやろか。

新聞のこと考えたら景気の良い話ではないから

どうなってるんやろか。

 

顔も知らないおっちゃんたちのこと考えながら

壊れて中身が丸見えの〇〇荘をみる。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク