Gardenがーでん

アロマ、ハーブ香りのお話 うつ闘病日記など、どんどんアウトプットしていきますよ!

どこまでウツぬけ出来ているのか

最近、ゲンキが出てきたと思う。

希望とかやることとか見えてきた。

記事も明るいことばかり書けている。

 

正直、心療内科に行っても先生に

「もうよくなってるやろ」みたいな圧を凄く感じる。それはなんかツライ。

 

少しずつよくなっているのは感じる。

●社会がこわい、人と関わるのがイヤ⇒大丈夫かもしれない

 

●前の会社へ向かう電車に乗れない⇒手前の駅までなら乗れる(旦那の実家にいかなくてはならないのでトレーニングを重ねた為かも)

 

●いつ死んでもいいや⇒ちょっと待てやりたいことある

 

これだけでも充分ウツ抜けできてますわな。

いつ死んでも今死んでもいいと

思わなくなったのはデカイ。

 

しかし、まだ出来ないなあ。と思って悲しくなることがある。

●考えが散漫してまとまらない

●本を読むことに集中できない(読みたいのに)

●異常に体力がない(寝たきりだったから)

●前向きすぎる言葉がこわい(恐怖心がある)

●娘への依存がヒドイ(このメンヘラ!と罵られる 笑)

 

もとの私に戻ることがこわい。

私は自分の気持ちの持ち方としては白か黒かの人だ。

例えば娘に対してだが過干渉するか、まるで感知しないかになってしまう。

(これこそグレーにしなきゃいけないとこなのに!!)

 

でも自分自身をトレーニングするために

とある本を読み始めた(ちょびちょびだが)

読み始めると、最初は楽しくてウキウキしていたが…

読み進めるとだんだん会社を思い出すようになった。

あまりの恐怖に何度も本を手放す。

f:id:majoranaair:20171229095120p:plain

前の会社の社長は自己啓発的なことが好きで、気に入ればすぐに取り入れて

全従業員にそれをさせた。

毎月、目標とノルマを紙に書かせて毎日進捗を確認させるというものだ。

毎日のルーティーンもあわせて20項目くらいあった。

それを毎日進捗確認て…

毎日家に帰れば何一つ出来ず、倒れるように寝てしまったり、

土日も一日中LINEのチェック

行事があれば休みもなく、家でも仕事をし続けて寝る時間が2~3時間のときも。

そんな生活の中で、その紙は悪魔でしかなかった。夢もへったくれもない。

一番苦痛の仕事だった。

上司はもっと苦痛だっただろう。

部下の紙を全てチェックさせられていたのだから。

 

要するに、今読んでいる本はその時に社長が私達に教えた

あの紙のことを言っている。

フラッシュバックも甚だしい。

 

でも今の私は解っている。

何故苦痛だったのか。

それは自分の為ではなく会社の為の項目だったからだ。

 

自分のしたいことなら全然違うだろう。

 

わかっているんだけど。

今の私には目標とか期限がまだまだ苦痛

 

でもこの本を読んで自分なりに頑張って

皆さんに紹介できるようになりたいと思えている。

 

私はもともとウツ気質でウツ病ではなのかもしれない。

ウツぬけってなんか違うのかもしれない。

 

私に必要なのはなんやろ?

考えがまとまらないや。笑

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ状態へ
にほんブログ村

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

スポンサーリンク