Gardenがーでん

ひとりの主婦の小さな世界 

旦那と娘の板挟み。

学校終わりにアイフォーンを見ると

ブチギレて訳の分からない事を書きなぐったラインが来ていた。

 

またかよう…

 

 

「お父さんとは縁切る!!お母さんが離婚されても平気や!」

 

 

なんで私が離婚されなあかんねん!

と返すと「間違えた。お父さんと離婚しても私は平気やという意味」

 

 

めんどくさーーーーーーー。

 

 

とりあえず、今日は早く家に帰って図書館に予約した本を取りに行きたいのよ。

「用事終われば連絡する」とラインする。

 

 

久しぶりに図書館に向かう道々、

ああ娘が小さいときによく通ったなあ…ここの金木犀が咲いてないなあ。

遅いのかな?どうしてかなー

 

なんて心を落ち着かせるために思いながら景色を楽しむ。

 

 

用事を終え家に帰り娘に電話。

 

 

 

話を1から聞く。中立の立場と自分の感情を最小限にして喋る。

 

時間が経っていたので少し落ち着いていたので、話はまあまあスムーズに進んだ。

 

 

娘なりに大人として考え、自分の中でまとめていた。

 

娘がかわいくて仕方ないと思う旦那の本心はいつも伝えるようにしている。

父親としての落ち着きはないのが困るが、本当に娘がかわいくてしかたないのだ。

でも上手く伝えられない不器用なやつ。

 

 

 

 

 

ほんま

 

この親子

似すぎてて

ぶつかるんだろうな!

 

 

母親の私は内心ヒヤヒヤで

内心めんどくさくて

大変なんだよなー

 

 

でも

なんとか沈下させるのは私の役目なんだろうなー

 

 

 

あー

お互いの本心伝われ~

 

 


にほんブログ村

 

 


にほんブログ村

スポンサーリンク