Gardenがーでん

ひとりの主婦の小さな世界 

芸術家の友達と過ごした妖精時間

後ろ髪をひかれながら葛飾柴又を後にした私が向かう先は

横浜だ。

 

 

その横浜にいる友達に会うのが今回の東京行きの最後の目的である。

 

 

 

横浜は前職で幾度となく訪れた場所。

そして多分、私が初めて横浜に来るきっかけになったのが彼女だった。╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

最初は会社側の私とお客様の関係(クレームとかで行ったのではありません)

から始まり、年齢が同じだったこともあり個人的に仲良くなって行きました。

 

 

在職中は大変にお世話になり、頭があがらない部分もありますが…

 

 

 

でもここまで仲良くなれたのはお互いがお互いのファンになったからだと思う。

 

 

彼女は芸術家。

作家さん。

彼女の作り出す世界にいつも感動する。

 

ここで紹介したいけど、前会社との兼ね合いがあるので言えないのが

 

皆さまに申し訳ない。

 

彼女と付き合うと「妖精やわこの人」と思えて来る。

 

この世と他の世をふんわり繋げているような感じの人だ。

 

 

出会った頃からすごいなと思ってはいたが、最近ではアメリカで作品を発表したりしている。

 

 

会うのは何年ぶりだろう。

いつも仕事で来ていたが、初めて個人的に来た。

 

 

横浜駅で再会したけど、そんなに時間がたっている感覚を感じなかった。

 

特別連絡を取りあっていたわけではないのに。不思議だ…

 

 

彼女はわざわざ新しい作品を持ってきて見せてくれた。

 

 

感動以外の何物でもないすごい作品!!!!

ワクワクが止まらない!!!!

 

 

同い年なのにすごいなあ…

 

 

話は盛り上がり、楽しい時間は過ぎていき…

 

気が付いた時にはとんでもない時間に!!!!!

 

新幹線の最終で帰るつもりでしたが、超ギリギリ!

走って走りまくったが、最後の最後に乗る電車を間違え…

 

 

ちーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。

(;´Д`●)

 

結局彼女に泣きついてお家に泊めていただいた…

 

 

実は初めて会った時も多大な迷惑をかけた前科がある私…

あの日はなんとか新幹線に乗れたが…

その時もお世話になったなあ…👈おい。

 

 

私の寝床を作るために、彼女や息子さんに迷惑をかけてしまった。

 

ああ

この御恩をどう返そう…

 

 

そんなこんなで私の旅は1泊2日になった。

もう仕事が始まるのでこんな自由は当分ないだろうなと思いながら。

 

 

朝起きると日本の食卓が待っており

久しぶりにちゃんとした朝食をとる👈おいおいおいおいおいおいおいおいおい

 

木漏れ日、スズメが庭で飛び交いちゅんちゅんと可愛い声が聞こえる…

 

ゆったりとした時間がながれ…

 

この2年、ゆったりとしていたのだが…なんか…時の流れが違う。

 

ぼーっとしていても良いんだよ。

 

焦らなくても良いんだよ…と言われているような…

 

 

この時、カリンバという楽器を触らせてもらった。

 

アフリカの民族楽器だそうだ。

並んだ鉄の棒を指ではじくと何とも言えない心地よい音がする…

f:id:majoranaair:20190121112839j:image

鳴らし続けたら止まらなくなって、ただただ鳴らしていると…

「疲れてるね」と彼女に笑われた。

 

 

 

そして右脳を使って絵を描く方法を教えてもらった。

驚くほど上達するらしい。

息子さんの上達具合もみせてもらった。

 

この手法は手元を見ずに絵を描くレッスン。
描いているうちに○○でなくては…こう描かなきゃ…みたいなこだわりがとれて、絵を写実的に描けるようになるというもの。

 

私もトライ。

 

f:id:majoranaair:20190121112832j:image

左が手元を見ながら左脳で描いたもの。

右が手元を見ずに右脳で描いたもの。

 

福笑い的なっているが、鳥の足の先とかふわもこ具合とかは左脳で描いたよりもっと丁寧に描いている!!!!

 

このトレーニングを続ける事でだんだんうまくなるそうだ。

私も苦手意識を取り払いたいので続けてみようと思う。

 

 

 

興味のある方は本も出ているので試してみてください。

 

 

「美味しいケーキ屋さんがあるの。いきましょ。」

と誘われ、荷物を持って彼女の家を後にする。

 

又来たいな…妖精の家…

 

 

林や公園を通り気持ち良い空気を吸いながらお店にたどり着く。

 

 

ここのランチも美味しかったが、

「きっとこれを食べるために新幹線にのれなかったのよ。」と彼女がいう

モンブラン


f:id:majoranaair:20190121112836j:image

 

 おお。

誰かの後ろ姿みたいだ!!!思わず肩をたたきたくなり、皿のあたりをたたいていると、、、、

「早く食べなさい!」と妖精な彼女に急かされた。笑

 

 

確かに今まで食べたことのないモンブランだった!

く、、、栗!!!!!THE 栗!

 

今更ながらにモンブランて栗だったと思い出した!

最近は紫芋味とかあって栗というのを忘れかけてた…ヤバイヤバイ。

 

 

まーーーーこのモンブランは栗をそのまま食べているかのような感じで

美味しかった~~~~

 

 

あー新幹線乗ってたら今頃家でゴロゴロしていた!

良かった!!!乗り遅れて!!!!👈

 

 

 

 

ここで私は欲が出てきた…

このブログによく出て来る、会社の息子にも会って帰りたいな…と。

 

 

連絡してみると新宿にいた。

実は娘に有楽町のオイオイ(OIOI)で買ってきて欲しいと言われているものもある。

 

 

こうなりゃ全部やったるわい!!!!

 

 

私は妖精に別れを告げて東京に向かった。

でも

彼女と離れるという感覚はなかった。

そう感じさせてもらえるのがありがたかった。

 

 

有楽町で会社の息子と再会!

この子とは1週間連絡が無いことが無いので、笑

久しぶり感覚がない。

 

今度会ったら奢ると約束していたのに、これから友人と食事に行くらしい。

ごちそうは又今度になった。 

 

 

OIOIで娘に頼まれたものも買えた。

 

 

会いたい人に会いまくった。

 

 

この二日間は宝物のような時間だった。

 

 

ムンク、寅さん、さくらさん、セピアさん、友達、息子…

ありがとう!

 

 

これから頑張ります!又会いましょう!!!

 

 


にほんブログ村

 

にほんブログ村テーマ 日常の小さなできごとを愛する生活へ
日常の小さなできごとを愛する生活

 


にほんブログ村

 

 

憧れがつまった「昭和レトロ喫茶セピア」

葛飾柴又は寅さんで有名だが…

実はこんなすごい喫茶店があるんです。

 

www.instagram.com

 

店内はちょうど私が子供の頃に周りにあった漫画やおもちゃ、キャラクターグッズが並んでいるんです!!✨✨

 

そして「キャンディキャンディ」の博物館まで併設…ウットリ。

 

 

 

ツイッターで初めて見たときから、行きたくてたまらない場所になりました╰(*´︶`*)╯♡

 

 

場所はというと柴又駅からすぐという驚愕の事実!!!Σd(゚∀゚d)ォゥィェ!!

 

 

私にとっては願ったりかなったりの奇跡でありました。

 

 

今回、寅さんを堪能して最後に「セピア」さんに突入を決め込んで来ましたよ!!!

 

f:id:majoranaair:20190119194712j:image

 

あ!あったー✨マジ駅近!!!!!

 

 

f:id:majoranaair:20190119195025j:image

 

店内は70年代パラダイス~~~~~

家にあった!と持ってた!がいっぱい!💕

 

 

店内には4人組の女性と、ここの雰囲気から浮きまくっているおっちゃん2人組。

店内BGMはもちろんピンクレディー💕💕

 

 


f:id:majoranaair:20190119195037j:image

私はおっちゃんたちの横のこの席を陣取りました!

 

嬉しそうにキョロキョロしていると、おじさんが話しかけてきました。(≧ω・)てへぺろ

 

「お姉さんどこから来たの?」

「大阪です」

「へえ~大阪からわざわざ??」

 

なんてことから始まり、楽しくお話させてもらった。

 

柴又の気さくなおっちゃん。

ええ感じ~✨

 


f:id:majoranaair:20190119195032j:image

ああ、私のアイドル百恵ちゃん…とキャンディキャンディ…✨

 

タイムトリップに浸っていると注文したオムライスが来た!!!

 


f:id:majoranaair:20190119195020j:image

見て!!!期待を裏切らない薄焼き卵&ケチャップのオムライス!!!

たこさん付き…(ノ≧∀)ノ

 

私最近のふわふわ卵オムライスがダメなんです。

 

何故か気持ち悪くて…

 

ここは昭和喫茶!これだよ!これ!!!!

 


f:id:majoranaair:20190119195040j:image

セットの飲み物は「柴又ラムネ」にしました。

 

ここでクリームソーダにするのが定番でしょうけど…

あえて私はコレ。

 

だってここ柴又だもん。

 

隣に座っていたおっちゃんが「地元で作ってるラムネだよ」と教えてくれた。

 

 

「昔はもっと作ってる所あったけど、減っちゃったね~無くなったら困るからのまなきゃいけないなあ~」と言っておられました。

 

 

そうだなあ。昔はもっと身近にあったなあ。

寅さんも飲んでいるシーンがあったような気がする…

 

 

さて、オムライスでお腹いっぱい。

おっちゃんとサヨナラした私はいよいよ

「キャンディキャンディ記念館」へ!

 

記念館はセピアさんの2階。300円別料金がかかります。

 

家の実家のような古い階段を上ると…そこは…


f:id:majoranaair:20190119195029j:image

なんじゃあ!こりゃあ!!!!!!!

夢…夢…ドリーム…✨✨✨✨✨

 

私がこうだったらいいなと思っていたものが詰まった女の子のお部屋が!

目の前に…

 

 

目頭から涙が…。・゜・(ノД`)・゜・。

 

キャンディの人形やおもちゃも展示されていましたが、私が感極まったのがこれ

 


f:id:majoranaair:20190119195043j:image

連載中に「なかよし」の表紙を飾ったキャンディ。

 

ああ、買って大切に持っていた「なかよし」が…

 

大好きだった。

私の絵の原点は間違いなくキャンディだ。

 

未だに私の描く絵は「キャンディキャンディみたいだね」と言われるもん。

 

私の芯になっている漫画だ。

 

 

キャンディを堪能して階段を降りると、一面に70年代にレコードジャケットが見えた。

 

フィンガー5ピンキーとキラーズ、、幼いころのスターたち。

 

その中にこれを発見!!!

 


f:id:majoranaair:20190119195048j:image

渥美清が歌う「男はつらいよ」の主題歌のレコード!!!

わああああ✨✨✨

 

そして、ふと下を見ると…
f:id:majoranaair:20190119195016j:image

 ま!松坂慶子がマドンナの時の写真!!!!!!!

 

 

おおおおおお宝ごロゴロおおおおお!

 

 

思わず店主の女性に声をかける。

多分同年代の方でありましょう。話が弾む弾む!!!!

 

店主さんの好きな漫画家、陸奥A子さんの話とか、当時の「なかよし」で連載していたキャンディキャンディ以外の漫画の事、そして寅さんのこと…

 

「柴又では石を投げたら当たるくらいの確率で男はつらいよに出ているんですよ」

 

 

 

おお!さすが地元!!うらやましい~~~~~~~~!

 

店主さんもエキストラで出た事があるとか…

 

その時のお話も聞けて私の興奮はMAX!!!

まさかここでも寅さんのお話が聞けるとは!!!!!

店主さんのことも大好きになってしまった💕

 

 

 

よく考えれば寅さんも「昭和レトロ」なんだよな~

このお店の1つであって当たり前だ。

 

 

ああ帰りたくない…

やっぱりここに住みたい…

柴又にいたい。

納得するまでいたい。

 

 

絶対又来る!と店主さんにも約束して後ろ髪をブチブチ引き千切りながら店を後にする。

今度はリニューアルオープンした「寅さん記念館」を見に来る!

 

そして今度はセピアさんでクリームソーダを飲むぞ!!!!!!

 

 

そして私は最後の目的地へ向かうのであった。続く(まだかよ!)

 


にほんブログ村

 

 

にほんブログ村テーマ 50代を考え暮らすへ
50代を考え暮らす

 

 

にほんブログ村テーマ カフェ、喫茶店へ
カフェ、喫茶店

 

 

 

 

寅さんの妹に会いに行く。

思い切って「ムンク展」(上野の東京都美術館)に来た私にはもう一つ目的の地があった。

 

それは葛飾柴又だ。

 

東京に来るなら、ある意味1番の目的地である柴又。

 

今回は特に来たい意味があった。

 

 

 

それは柴又駅前にある「さくら像」だ。

 

 

「寅さん像」は前にも拝みまくったが、前回柴又を訪れた時にショッキングな事があったのだ。

 

「来週、さくら像がお目見え♪」というポスターを見て愕然とするair.....

 

☟その時の様子を書いたブログです。

 

www.majoranaair.com

 え?「さくら像」って何って????

 

ええああコホン。

 

 

葛飾柴又といえば映画「男はつらいよ」の舞台として有名。

主人公の「寅さん」は国民的アイドルだ。

 

 

さくらは寅さんの妹。

旅立つ兄を柴又の駅で見送るシーンが幾度となくあるんですよね〜

 

 

柴又の駅前には帝釈天の方を振り返りながら旅立つ「寅さん像」があるのですが

今はそれを見送る「さくら像」が対のように立てられています。

 

 

ああ!1年以上越しにやっと会える!さくらさんに!

 

 

柴又の駅が近づくにつれ、胸が高まる。

大好きな人の息遣いを感じられる場所だから。

 

 

柴又に着いてドキドキしながら改札を出る。

 

うあ…

 

あああああああああああ

 

 

さ、、、さくらさん!!!!!✨

 

f:id:majoranaair:20190119185755j:image

う、嬉しい!嬉しい!さくらさんがいる💕

 

寅さんとさくらさんを横から眺める。

 

 

ああ~~~視線が!視線があってる!!💕

 

 

さくらさんの「お兄ちゃん」って声が聞こえる…

あの切なそうな「お兄ちゃん」が…

 

さくらさんの顔を眺める。

笑顔だ。

優しい顔で笑っている。

f:id:majoranaair:20190119185828j:image

兄に悲しそうな顔を見せまいと笑顔で見送っている。

 

 

ああ、たまらんですたい!

 

 

周りには観光客のおば様たちが写真を撮りまくっており。

 

 

 

ピタッと寅さんに張り付いてピース。

無理私には無理!

 

 

とにかく帝釈天にお参りに行こう。

帝釈天はお寺さん。

喪中でもお寺さんだからお参りしても良いもんね!!

 

www.taishakuten.or.jp

 

帝釈天の参道まで行くと…

 

無茶苦茶観光客が!!

平日だぜ…

前に来た時はそんなに人いなかったのに。

 

 

それに「寅さん記念館」は休館中だぜ…

…そう。休館中…これはさすがに事前チェックをした。

まさかの前日からリニューアルの為の休館。

はははははは、、、、

 

 

 

いい!いいもん!さくらさんに会いに来たからいいもん!いい…もん!(´;ω;`)ウッ…

 

 

でも人がたくさんいた方が私の中の帝釈天ぽい。

 

f:id:majoranaair:20190119190606p:image

 聖地、帝釈天~~~~~~~

 

 

 

今まで寺部分とか鐘とかばかり見ていてあまり注目していなかったけど

水の神様がいらっしゃるのを発見。

地元の人っぽいおじいさんが丁寧に水をかけて拝んでいました。


f:id:majoranaair:20190119190041j:image

 

そして思い切り線香の煙を浴びまくり、心も体も清められ…


f:id:majoranaair:20190119190052j:image

今年初めてのおみくじをひくと…

 

f:id:majoranaair:20190119191232j:image

 おおおおおおお

ここに書いてある通り本当に清々しい思いでいっぱいだったので驚くやら嬉しいやら。

 

雲が晴れる。

 

帝釈天さんがくれたメッセージが体中に染み入る。

 


f:id:majoranaair:20190119190048j:image

そしてやっぱり土手へ行く。


f:id:majoranaair:20190119190045j:image

 寅さんが渡ってくる矢切の渡しを眺めながら、しばしぼーっとする。

気持ちよすぎ。

 

1月とは思えないほどの小春日和。

寅さんとさくらさんがくれたプレゼントみたい。

 

心ゆくまでここにいたいと、来るたび思う。

一度そのためだけに来なければなるまい。

 

 

後ろ髪をひかれつつ立ち上がると、3人組のおばさま(同世代ぽい)が寅さんの話をしながら観光している。

 

好きな人と語り合いながら来たいとも思うが、ここでは一人思いをはせながら、ただただぼーっとしたい。

 

 

私は又参道にもどり、髙木屋さんと、とらやさんでそれぞれ草団子を買う。

どちらも寅さんゆかりのお店だ。

今回はおせんべいも買ってみた。

 

 

もっといたい。でも私には他の目的もある。

柴又でもうひとつ行きたい所がある。

 

私はポテポテと線路沿いを歩いて行った。続く。笑

 

 


にほんブログ村

 

 


にほんブログ村

 

 

ムンク展ー共鳴する魂の叫び

私はムンクが好きだ。

 

 

理由は…

なんだか私はそこにいる感じがする絵があるから。

 

 

 

中学生の時、「ムンクの叫び」に似ていると言われていたし。笑

 

 

そして「マドンナ」に至っては同化しそうになる。

 

 

そう。

あれは私だ。

 

あの絵をのぞくと鏡を見ているような感覚になるのだ。

 

 

11年前に兵庫県立美術館ムンク展があった。

その時に絵を目の前にしてそう感じた。

 

 

 しかし…

今回は有名な「叫び」が来る。

そして「マドンナ」も…

 

 

でも東京のみで関西には来ない…

もう数日で終了してしまう…

 

 

仕事が決まった私は思い切ってムンクに会いに行こうと決めた!!

 

 

munch2018.jp

 

 

新幹線に飛び乗り、上野駅に会場の30分以上前に到着した!

が…

 

 

ひい

いいいいいいいいいいいい!

il||li(ФДФ;) il||li

 

 

何あの人たち…

 

おびただしい数の人人人人人!!!

 

 

 

駆け込みだあ!👈お前もな!!!

 

 

 

 

行列の人が半端ない。

 

そのせいで私的にかなりの弊害がありました。

 

会場までの展示が人で全然観ることができず…

 

でかい看板とか!

 

美術展にありがちなムンクの生涯を語っているVTRとか!(屮 oДº)屮

 

 

 

とにかく人だらけで全てが遮られいるんです…

 

 

 

1番悔しかったのが、ムンクの絵がどんどん変化していくアニメーション。

 

 

人がいるので三分の二の上部しか観えない!!!👈泣いた…

 

 

帰ってググると動画見つけました!!!

 

 

ああ目の前で堪能したかった…

ホンマ素晴らしい!売って欲しい。

 

 

☟これこれ

www.bing.com

 永遠に観ていたい。これ作った人天才。

 

 

さて、気を取り直していざ!展覧会へGO!

 

 

まず最初はムンクの自画像やポートレイトが並んでいました。

 

 

画家って自分LOVEの人多いなあ。╰(*´︶`*)╯

 

 

今回私が注目したのはポートレイト。

 

 

あれ?今までそうは思わなかったけど…

 

この人好みDA★

 

 

ウットリ系。笑

こういう薄~い唇の人惹かれる~ヤバイ✨

 

f:id:majoranaair:20190119115229j:image

 

 

今回特徴的だったのが、同じモチーフの絵を何枚も展示してくれたこと。

「病める子」

「吸血鬼」

「接吻」

 

色々な可能性と物語を探っていたんだろうなあ…

 

 

 

その中に私が鏡をみているようだと感じるシリーズ「夏の夜、声」木版画バージョンがあった。

 

f:id:majoranaair:20190119115254j:image

 あ…怖かったですか?

airの顔こわ!と思いました?いやいやいや私

こんなに綺麗じゃないですよ★

 

f:id:majoranaair:20190119115436j:image

 こちらのバージョンがairが鏡を感じた絵になります。

 

 

初めて観た時に彼女と私の体の形がピッタリ重なったような気持ちになりました。

 

なんか楽しくてウキウキしている。

好きな人にしゃべりかけているイメージ。

 

 

 

今回も木版画の前で同じポーズで立ってしまい、後ろの人に笑われました。

 

くそう体系と年齢が違うけど!

しかたないやん!(屮 oДº)屮

 

これ鏡やから!👈ヤバイやつ

 

 

そんなこんなしながら、あるいは歩いていくと…

私の目に「マドンナ」が!!!!!!!

 

 

 

「マドンナ」を観ると、胸がきゅううううううううって締め付けられました。

まず石板が目に入り思わず走りました。

 

 

ああ「マドンナ」!「マドンナ」!「マドンナ」!

 

 

彼女を観るとなんでこんなにまで、狂おしくなるのか…

 

 

そしてリトグラフの「マドンナ」3点展示されている 方へ駆け寄る。

 

私の後ろで、「あの目の描き方が…」「黒いところが素晴らしい描き方ね…」とか

言っている人がいる。

 

ああ

ああ煩い

 

 

あの目の線1本1本も私!

 

私なの!👈相当ヤバイ

 

 

私は「叫び」にも似ているが「マドンナ」にも似ている。(と思い込んでいる)

目が落ちくぼんで頬がこけているところとか。

体は全く違ってしまったが…苦笑

 

 

 

今回今まで観たことがないカラフルバージョンに出会えた。

 

 

f:id:majoranaair:20190119115408j:image

 明るい…

ムンクさんこのモチーフを明るくしてみたのはどんな心境の変化なのだろう…

 

因みに2008年に来日した彼女はこれ☟

 

f:id:majoranaair:20190119125236j:image

 

 血を感じられる赤。

 

ムンクの女性に対する敬意と恐怖を感じます。

 

 

私は生涯「マドンナ」に惹かれ続けるでしょう。

 

 

 

 

 

 

あ!

すみません!「叫び」ですよね「叫び」

この作品も何枚もあるのですが、今回、来日した叫びちゃんはこれ

 

 

f:id:majoranaair:20190119125247j:image

 

 私の感想は

一気に描かれたみたい。薄い感じがする…

 

ムンク特有のあの重さが…ない。

目ん玉もない。

 

 

これは私が知ってるバージョンではないな…

 

と感慨深く思う事なく通り過ぎてしまいました。

 

 

帰って調べますと…👈遅い

 

これは「叫び」シリーズで一番新しい物で、なんと一度盗難にあったていた「叫び」だったんです!

 

戻って来た時、液体がついてしまっていて修繕が完璧にはできなかったらしいのです。

 

わあ…どこにどんな跡が付いてしまっていたんだろう…

 

元がどうだったかも知らないので全く分からなかったなあ…

 

ja.wikipedia.org

 

あーでもやっぱり油彩画の「叫び」が観たい。

塗りこんでる重い感じの…叫びちゃん。。。。

 

 

 

 

 


後、何点か気になる絵がありました。

ムンクが友人に子供部屋の絵を依頼されて描いたという「渚の青年たち」という絵

 

 


どんよりとした空と表情も見えない青年が3人ほど渚にいる絵…



友人よ…なぜムンクに頼んだ?子供部屋やろ???


間違ごうてるで…
と絵の前でつぶやいてしまいました。笑

 

 

 

後は晩年の絵がカラフルなのも気になりました。
眼病を患ったことにも関係するのでしょうか。



それもあると思いますが、晩年は心穏やかな日が多かったのでしょうか。
そう思いたい私もいます。

らしくないけど
でもそうであって欲しいです。

 

 

やはり、死ぬまでに1度ムンク美術館とオスロ美術館に行きたい。
ムンクと同化するまで浸りたい。

 

まだまだ頑張って行ってやるー!

 

 

 

今回の展示の様子です☟

www.bing.com

 

 


にほんブログ村

 

 

それぞれが歩んだ時間

今日、前の前の職場で一緒に働いていた仲間が遊びに来てくれた。

 

彼女とは娘が同い歳という共通点があり、比較的仲が良かった。

 

彼女が離婚して田舎に帰ってから16年。

多分、年賀状だけの付き合いで全く会ってはいない。

 

 

今年のお正月に

「あけおめー」と彼女からLINEが来た。

LINEは、1、2度交わしたくらいだったので少し嬉しく感じる私。

 

 

「久し振りにそちらに遊びに行きたいなあ」と言うので

「忘年会で皆と集まった時、皆元気かなあと言ってたとこや。」と答えた。

 

「遊びに行こうこな…」

「来いや~私らの働いていた店に行こうで!」

 

そんなこんなで、盛り上がったので慣れない連絡係を買って出た。

 

 

皆に彼女が来ることを伝えて日程調整。

 

 

そして今日、彼女と最寄り駅で待ち合わせ!

変わり果てるくらい太った私に気づいてもらえるだろうか…とドキドキした。笑

 

 

 

「おーい!」

手を振る彼女は全く変わっていない…と言うか若返ってない?

昔の方がおばちゃんぽかったかも…

 

「やあ!肥ったなあ!」

がははと笑う。ほんと…変わってないよ…

 

 

彼女がこの町を出て行ってもう15~6年。

この町の方が変わり果てた。。。

 

商店街のシャッターが増えたこと

昔の商店街が潰されて新しくなったこと

駅が少しずつ変化していること

新しい道が出来て街の雰囲気がスッカリ変わったこと

 

お店までの道のりは歩くと多分20分くらい?だけど

変わった町並みを解説しながら二人で歩いた。

 

 

「全くここがどこかわからないね。置いていかれたら迷子になるわあ」

 

のすたるじいに浸りながら、お互いの近況を話しながら、歩く。

二人で歩くとなんてない距離なんだなあと気づく。

 

 

お店に着くと丁度お店に着いたメンバーと今働いているメンバーが笑顔で彼女を迎える。

 

席に着くと次々他のメンバーが集まってきた。

 

10年以上会っていなかったので、それぞれ今は何をしているかの話になる。

 

彼女は店を辞めてから準看護士の資格を取って働いている。

40歳で挑戦してとったと言っていた。

ホンマすごいバイタリティだ。

 

高齢者と接する職場のようで、話を聞くと過酷だ。

義母をホームで見てもらっているので身につまされる。

 

他のメンバーは介護の仕事で体を壊して、今は障がい者施設で働いている話しをしていた。

 

年齢もあるが介護の話になると皆の共通点になる。

 

又、この店でずーっと働いていたメンバー

舞い戻ってきたメンバー

 

 

ああ。

私がこのお店(正確には同じ店の別店舗)で店が閉店してしまう寂しさを感じていた時に彼女は必死で看護士の勉強をしていたのだなあ…

私が前職でくちゃくちゃに働いていた時、彼女も必死でやってきたんだなあ。

 

皆、今日この日まで、辛いことや苦しい事も乗り越えて来たんだろうなあ。

 

ナンテ思いました。

 

 

でも、今日ここで皆で笑っている。

ああ

 

ありがたい。

 

 

10年続いたあのお店で必死のパッチで働いた私達。

そう簡単に消える絆じゃない。

 

辛くて苦しい事もいーーーーーーぱいあったけど…

お互いいがみ合ったこともあったけど…

 

同じ苦難を乗り越えた仲間だから

すぐに時間を飛び越えられる。

 

 

感謝だなあ。

 

 

1度だけでいい。

このメンバーで店を又回してみたいな。

 

 

できるかな?笑

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

 

 

 

スマートニュースに載ったん???

チコちゃんに𠮟られるくらい、ボーっと生きているairです。

一昨日でしょうか、久しぶりにふと、アクセス数の棒グラフを見たんですよ。

 

棒が…

棒がにょーーーーーーーーんと

にょーーーーーーーんと

伸びているんですね。

 

ん?

皆さんでしたら、今日は低いな…というくらいの棒の高さでしょう。

しかし私のグラフでは他の日の棒がちょぼっとしか見えなくなるくらいの

にょーーーーーーーーんだったんです。

 

 

あれ?私そんな良い物書いた?

何気にアクセス元を見る。

 

す…ま…と…にう…す…

 

スマートニュース???

 

何それ…

どの記事??

 

え?

 

www.majoranaair.com

 これ?????

 

なんで?

 

こんな何の意味もなさげな薄い記事…

 

 

う…

おばさんの職探しの現実の特集でもしていたのだろうか…

 

企業側から、

「こんなテキトーなおばはんがいるから困るんだ!」の手本として使われたのか…

 

そう考えると、なんだか申し訳なかった気持ちになる気弱な私。

 

 

ただただ正直なつぶやきでした。

そこがリアルだったのかしら。

 

思ってもみない事で選ばれるんですね…

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

娘の帰還

娘が今週末行うイベントの為、お家に帰って来ている。

家から現場までは近く、自分の家にいちいち帰るのは辛いからである。

 

先日、婿が全く動かなくなって大ゲンカしてプチ別居をしていたので心配していた。

 

 

しかし、久しぶりに会う娘はすっかり機嫌が良くなっていた。

全く拍子抜けである。

 

 

私としては、娘が帰ってくるのは嬉しい。

離れていて身を案じてばかりだったので

そばにいるのが嬉しい。

 

聞いて欲しい事や聞きたい事の話をいっぱいした。

 

そして洗濯カゴに無造作に投げ入れられた、洗濯物。

 

娘が心おきなく甘えられるのは家だけ。

 

 

洗濯を干すとき娘の服がある事が嬉しかった。

娘特有のド派手なシャツがヒラヒラと舞う。

 

旦那も下娘も地味めな服を着るのであまり色がない。

私もド派手なものは控えるような歳になったし。

 

 

ヒラヒラ

ヒラヒラ

 

宇宙柄の服。

 

 

ああ。

娘がいる。

 

 

ただただ嬉しかったんです。

 

f:id:majoranaair:20190112104022j:image

 

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク